2008年4月9日水曜日

DG965SS+C2D E6300なPCにて

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
年度末~年度初めはPCに時間をかけられませんで、記事もすっかり停滞しておりました。

新年度となり、研究室の学生用PCに Debian をインストールしているのですが、G965なchipsetを持つ上記マザーに etch をインストールすると何故かXが起動してこない。
学生にトラブルシューティングを任せる前に lenny の導入を試みてみると、Xは起動してくるが autofs が パッケージに見あたらなくて使えない、というなんだか厄介な状況に。

何故 autofsが無い? そんなときには個別のパッケージ情報を見ましょうか。
http://www.debian.org/distrib/packages#search_packages
ここから全てを対象にして autofs を検索すると、
http://packages.debian.org/search?keywords=autofs&searchon=names&suite=all§ion=all
sidにはあるのに lenny(testing) にないということが分かる。でも何故?
とりあえず、etchにあるものをクリックすると、
http://packages.debian.org/etch/autofs
autofsに関するリンク、Debianの資源などから、開発者情報をクリックしてみると……
http://packages.qa.debian.org/a/autofs.html
状況が大変わかりやすい。素晴らしいなあ。
どうもtestingからはバグ絡みで削除されている模様。なんてこったい。

問題を解決してソースからコンパイルして自前パッケージとして導入するか、時間を置いて誰かが直してくれるのを待つか……ここでさらにUbuntu 7.10 を取り出してみるのでありました。

続く?

1 件のコメント:

tarai さんのコメント...

その後、週が明けたらUbuntuが入っていたPCは何故か撤収、Debian/etchが動く別のPCに変更されておりました。なんてこったい。