2018年2月26日月曜日

FreeBSD Snapshot Management Environment の crontab

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
sysutils/freebsd-snapshot で導入される FreeBSD Snapshot Management Environment https://people.freebsd.org/~rse/snapshot/ では、毎時、毎日、毎週にスナップショットを取得するためのcrontabを書くんですが、これが見事にぜんぶ0分に回るんですよね…

# Perform hourly/daily/weekly maintenance (FreeBSD UFS/ZFS snapshots only).
0       *       *       *       *       root    periodic-snapshot hourly
0       0       *       *       *       root    periodic-snapshot daily
0       0       *       *       0       root    periodic-snapshot weekly

こんな具合で。で、daily.0 と weekly.0 のスナップショットが同時に取得されようとして、片方が失敗するということが稀に起きます。

Oct  1 00:00:01 filesv root: snapshot: making snapshot on /svr/home failed
Oct  1 00:00:04 filesv root: snapshot: daily.0 snapshot on filesystem /svr/home made (duration: 0 min)

ごらんのありさま。periodic-snapshot の中でロックファイルを作っているので、片方がコケるだけで済むのですが、どうもなあ…と思いまして、若干ずらしてみました。

# Perform hourly/daily/weekly maintenance (FreeBSD UFS/ZFS snapshots only).
0       *       *       *       *       root    periodic-snapshot hourly
5       0       *       *       *       root    periodic-snapshot daily
10      0       *       *       0       root    periodic-snapshot weekly

zfsでのsnapshot取りなら5分もいらないと思いますが、まあこれくらいでしょうか。

あと、snapshot作るのに失敗したとき、periodic-snapshot がエラーを記録してくれるんですけど、どのスナップショットを失敗したのかは表示してくれないのですね。

% diff -u periodic-snapshot.orig periodic-snapshot
--- periodic-snapshot.orig      2017-10-04 03:41:54.000000000 +0900
+++ periodic-snapshot   2017-10-04 03:42:35.000000000 +0900
@@ -121,7 +121,7 @@
                 snapshot make -g$when $fs:$time_tag.0
                 if [ $? -ne 0 ]; then
                     logger -p daemon.error \
-                        "snapshot: making snapshot on $fs failed"
+                        "snapshot: making snapshot on $fs:$time_tag.0 failed"
                     exit 1
                 fi
                 time_end=`date '+%s'`


こんな改造とかは許されるだろうか?

A4サイズの無地ノートまとめ(2018)

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
友人がA4サイズで無地のノートを探していたので、自分なりに調べてみたものをまとめてみました。

コクヨ ノ-201W(40枚) 360円くらい
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campus/lineup/tokusyu.html
 コクヨノートの定番ブランド「キャンパス」シリーズを扱っている文房具店なら、一番置いてある可能性が高いもの。無線綴じノート。私の地元のドンキでは置いてなかったが、友人の近くのドンキにはあったという。需要の差ですかね。

コクヨ ス-T223W-M(40枚リング) 480円くらい
http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/otona-campus/campus-plain.html
 いわゆる「大人キャンパス」シリーズ。ツインリングノート。切り離すとA4ジャストサイズになるので、サイズとしてはやや大きめでしょうか。

マルマン N225ES スパイラルノート A4無地(80枚) 530円くらい
http://www.e-maruman.co.jp/products/detail.php?product_id=2748
 マルマンといえばスケッチブックの印象が強いんですが、ノートもありますね。スパイラルリングノートで、切り離すとA4ジャストサイズになるという。コクヨと比べると枚数で圧倒してる感じです。

ツバメノート A4白無地(40枚) 390円くらい
http://www.tsubamenote.co.jp/product.html#tokua4
 糸綴じノート。これ見たことあります! と思ってよく調べてみると、フールス紙を使って作っている大学ノートは、大学生協オリジナルとか、マルゴノート(アルファファイブ)とか、MDSとか、どこも似たようなデザインなんですね。歴史ある風貌なのか…… そんな中でA4無地なのはこれくらい?

個人的に、collegeシリーズやKTノートでおなじみのキョクトウがA4無地を出していなかったのが意外でした。KTノートA4無地糸綴じ60枚とか丁度隙間っぽいですが、需要がイマイチなのかも知れません。