2016年3月4日金曜日

調べ物メモ

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
LSI MegaRAID と LSI SAS/SATA HBA の2種類がある、と。
ところでHBAって何?   ここで聞く? Host Bus Adapter ホストバスアダプタの略です。 マザーボードでもSATAポートがついていますが、SATAやSASポートを拡張カードで増設するのがHBAです。 HBAにRAID機能を持たせるとRAIDカードです。 細かいことは調べてね。
http://oliospec.ldblog.jp/archives/29669279.html 

ということはRAID機能をボード側に任せてしまいたい場合はMegaRAID、 FreeBSD zfs や FreeNAS, Linuxでも LVM を使ったりする場合はHBAでいいのかなと思います。 
zfsについては
ZFSの提供するデータ保護機能の恩恵を受けるには, RAIDコントローラはシンプルにHBA(ITまたはJBODモード)で使うことを薦めています (RAIDカードによってはすべてのディスクを単一のRAID 0としてセットアップする必要があります)。
http://gihyo.jp/admin/serial/01/bsd-yomoyama/0007 

ということですんで、HBAでいいんですね。余ったお金でメモリをより多く積むのがzfs流なのかも知れません。
Linux LVMも同じような観点で検討が必要だと思いますので、ハードウェアRAIDの上でLVMを使うのか、 HBAでHDDをマネジメントしやすくしたうえでLVMを構築するのかは、判断が要るところなのでしょう。

公式ページ(HBA)
http://www.avagotech.com/products/server-storage/host-bus-adapters/

LSI SAS 9207系 (PCI Express 3.0) IOコントローラーはLSISAS2308
LSI SAS 9207-8i など
http://www.ask-corp.jp/products/avago/hba/lsi-sas-9207.html
http://www.arms-corp.co.jp/lsi9207
http://kakaku.com/item/K0000391485/

LSI SAS 92xx系 (PCI Express 2.0) IOコントローラーはLSISAS2004/2008/2116
SAS 9211-4i HBA など
http://www.ask-corp.jp/products/avago/hba/lsi-sas-9200.html
http://www.arms-corp.co.jp/lsi9211
http://kakaku.com/item/K0000148624/
http://kakaku.com/item/K0000148622/


MegaRAIDで内部4ポートのものだけ列挙しても結構な数がありまして…
公式ページ(MegaRAID) http://www.avagotech.com/products/server-storage/raid-controllers/

12Gb/sクラス (ドキュメントに UEFIに関する記述あり)
PCI Express 3.0x8
MegaRAID SAS 9361-4i, LSISAS3108 Dual-Core, キャッシュ1GB
MegaRAID SAS 9341-4i, LSISAS3008

6Gb/sクラス
PCI Express 3.0x8
MegaRAID SAS 9271-4i, LSISAS2208 Dual-Core, キャッシュ1GB

PCI Express 2.0x8
MegaRAID SAS 9266-4i, LSISAS2208 Dual-Core, キャッシュ1GB
MegaRAID SAS 9260-4i, LSISAS2108, キャッシュ512MB
MegaRAID SAS 9240-4i, LSISAS2008
3ware SAS 9750-4i, LSISAS2108, キャッシュ512MB 

多いなあ…… コントローラーチップとキャッシュメモリの有無と容量、PCI Express の違いで選ぶ感じでしょうか。 RAID1でいいなら9240, もうちょっとしっかり作りたいならそれ以上、予算次第? そして3ware SAS 9750-4i と MegaRAID SAS 9260-4i の違いは何なのか。ソフトウェアか。

※3ware SAS のほうは EFIに対応しないようです。
http://www.arms-corp.co.jp/products/2013-06-19-02-47-41/lsisupport/96-3ware-sas-9750-efi-boot

FreeBSDの LSI 系ドライバが多かったので、リストアップしておきましょう。

mpt -- LSI Fusion-MPT SCSI/Fibre Channel driver
mps -- LSI Fusion-MPT 2 Serial Attached SCSI driver
mpr -- LSI Fusion-MPT 3 IT/IR 12Gb/s Serial Attached SCSI/SATA driver
mrsas -- LSI MegaRAID 6Gb/s and 12Gb/s SAS+SATA RAID controller driver

上に挙げたHBAボードはすべて mps(4) で使えるようですね。MegaRAIDだと mrsas(4) で使えるようです。
mrsasはボードがちゃんと列挙されてるのに、mpsのほうはボード列挙されてないんだなあ…

Adaptecのほうまでは手が回らなかったので、最初のほうで紹介した記事を参考に。

VMware ESXi ではどうしたらいいのかなと思ってちょっと検索してみると、
A hardware RAID card that is listed on the VMware HCL is the only viable solution for running an ESXi host with local storage.
https://www.packetmischief.ca/2011/03/20/choosing-a-raid-card-for-esxi/

だ、そうです。なるほど。少なくとも9260、それ以上(キャッシュメモリ有り)でしょうか。高いんだよなあ……(´・ω・`)


と、ここまで書いておいて最初に読んだ記事に
最近のマザーボードは昔からあるBIOSではなく、uEFIになっています。 これが曲者で、従来のインターフェイスカードだと対応できないのです。 (中略) たとえば HighPoint Pocket 27xxシリーズ、6xxシリーズ LSI SAS 9211シリーズ等は対応していません。 HBAを認識しなかったりします。
http://oliospec.ldblog.jp/archives/29669279.html
ってちゃんと書いてあって。

そしてLSI HBA 9207/9211 の最新BIOS(P20)にはバグがあるのでダウングレードすべきなのだそうです。
https://community.nexenta.com/thread/1053
http://qiita.com/syoyo/items/4e39dd6bd0d4efa41d97
えっ…ひどくない?

……じゃあHBAならAdaptecのほうがいいのかい!? と思ってFreeBSDのマニュアルを漁ると…… aacraid(4)曰く。
the aacraid_linux.ko and linux.ko modules are loaded, the Linux-compatible ioctl(2) interface for the management device will be enabled and will allow Linux-based manage‐ ment applications to control the card.
Linuxコンパチ!!
BUGS The controller is not actually paused on suspend/resume.
ドウイウコトナノ?


10.1 までに対応するドライバは、ちゃんとメーカーが提供しているみたいなんですが……
AACRAID 32- and 64-bit Driver Build 41018 for FreeBSD 9.3, 10.1

0 件のコメント: